セミナーを受けてから既に2週間近く経ってしまいました
今頃、復習兼ねて記事書いているのですが、忘れてしまった事も (*゚.゚)ゞポリポリ


開業者向けカッピングセミナー

■2016年 6月28日(水)

まずは、講師の先生と受講生の自己紹介から

8名だったかな?(もう忘れている)の参加者のうち半分以上はすぐの開業ではなさそうでしたね

私は、今までこのセミナーをずっと受けたかったのですが、「開業者向け」という言葉に躊躇していました
もっと早く受ければ良かった!


さて、本日のお題は...

1.ウェルカムコーヒー(エチオピア・イルガチャフィー・チェレレクトG1)

アイスコーヒーです
うちでもチェレレクト扱っていますが、アイスコーヒーで飲むのは初めて!
美味しいです
モカの特有の香りと酸味が口に広がりました。
モカのアイスコーヒーっていいかも

2.メインストリームコーヒーとプレミアムコーヒーに関して

コーヒー豆の良さで云うと、上から

①オークションコーヒー豆
②プレミアムコーヒー豆
③メインストリームコーヒー豆

だそうです
因みに、ネットで調べると、この下に“ローグレード”なんていう豆もある様です

image


図からも分かる様に、

メインストリームの豆は、風味が良いものから良くないものまで含まれています
良いグレードになるにつれ、風味の良くないものが減っていくらしい...
という事は、“メインストリーム”の豆でも良いものに中ればラッキー

しかし、焙煎珈琲屋として「今回の仕入れた豆は、イマイチでした。残念!でも買って!」という訳にはいきませんね
勿論うちは、プレミアム以上の品です

他に豆のグレード(格付け)についてなどのお話も

グレードを決めるのに、“標高”、“欠点豆数”、“サイズ”...

あれ?確か全部で5つあったと思うのですが、メモが上記3つしか書いてない...
ネット検索すると、“カップ(味)”があるのですが、もう一つは....
今度、機会があったら聞いてみます


3.欠点豆について

以前より、珈琲関係の本で写真は見ていましたが、欠点豆の実物を見るのは初めてです。

image

ハンドピックで“軽度の虫食い豆”、“欠け豆”や“貝殻豆”は、たまに見かけますが...


どんな欠点豆が、どの程度味に影響するかなどは、セミナーに参加して聞いてみて下さいね


4.カッピング


image1

①プレミアム品 VS メインストリーム品 

合計6種類をカッピングしました。
案の定、私を含め好みは分れますね~
しかし、やはりプレミアム品の方が、人気なのは言うまでもありません

②プレミアム品で、精選方法等による違い

合計6種類をカッピングしました。

・ブラジル  ナチュラルとパルプドナチュラルの違い
・グァテマラ  アンティグアとサンタロッサ
        ※あれ、これは地域差だったかな?品種だったかな?標高は一緒だし...
・エチオピア  ウォッシュドとナチュラルの違い

こちらも好みが大きく分かれました

5.現在の産地情報、今後の価格動向

セミナーを受けた時点では、今後コーヒー豆の価格は横這いもあるけど、大半は上がっていくのでは?という感じです。

6.生豆の購入先について

7.余談(ブレンド、焙煎度別、産地別、品種別に関してなど)

他に、国別で入荷(輸入)される時期が違う事なども聞けました
まだまだ、あった様な気もしますが...全然ダメですね私...

今回のセミナーとても勉強になりました が、もう一度受けたいな~

話しを聞いて「なるほど~!勉強になるな~!」と思うのですが、メモ取るのが遅く、後で復習する時文字が途中で切れていたり...
あはは、講師の先生に見惚れてました

講師の先生、スタッフの方、受講された方へ

楽しかったです 
有難う御座いました 



さて、ここの処バタバタと忙しく...
新規のお客様で、この短い期間でリピートして下さったり、物件見学も計10軒以上回ったり
この記事も2週間遅れとなってしまいましたが

少し嬉しい進捗もあります
物件が決まった訳ではないのですが、方向性などが少しずつ固まり、物件選びにゆとり?範囲が広がった?

今度こそ近いうちに?また投稿出来ればと思います



もし宜しければ、ポチ、ポチっとお願いします♪
         ↓↓↓


  にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ