KeyRoad

中年オヤジが、喫茶店開業を目指し田舎暮しを始めました...

修行?修業!

うい庵&エスプレッソ


今日は、東京へ娘を迎えに行く途中、稲敷市にある「うい庵」さんに寄りました

「うい庵」さんは、今年に入って母と行ったり、娘と行ったり、一人でも行ったりと
大変お世話になっている古民家カフェです
妙に落ち着くいい感じのカフェです。

実際にカフェやレストランなどに行くのはとても勉強になります!


image01

「昔懐かしいナポリタン」を注文しました。


image1

美味しい♪ 確かに懐かしい味がします。
昔からの喫茶店に必ずといっていい程あるあのナポリタンの味です!


そしてエスプレッソ


実は、今日はエスプレッソが飲みたくて来ました♪

最近、私はコーヒー関係の本、コミックをよく読みます!
その中で、“イタリア式飲み方”がよく掲載されています。


まず、エスプレッソとは?


フィルターを使って抽出するのがドリップ式であるのに対し、
マシンを使って気圧をかけて抽出したコーヒーがエスプレッソ式。
もともとイタリアで生まれ、アメリカのシアトルを経由して日本へ上陸した様です。
ヨーロッパでは大変メジャーな飲み物だそうです。


焙煎は?


イタリアのエスプレッソ用の焙煎は、ドリップ式焙煎より“深め”で、
シアトルのエスプレッソ用の焙煎に比べると、逆に“浅め”。
イタリアではエスプレッソをそのまま飲むことが多いので“深く”する必要がないのだそうです。

という事は、ミルクなど入れラテやカプチーノで飲むシアトル系が一番深煎りで、
次にイタリア系、そしてドリップ式という順番になるのか...

焙煎度的には、

アレンジ<シアトル系>⇒イタリアン
ストレート<イタリア系>⇒ フルシティ~フレンチ
ドリップ⇒ミディアム~シティ(好みや豆によって大きく変わるのでしょう)


次に準備です。


通常エスプレッソは、30cc程度の量で、砂糖を入れる目安としてはスプーン2杯が適量とされています。
が、その辺りは、お好みで良いでしょう!
入れ方のコツは表面を覆っている“クレマ”(※)を沈めないようにゆっくりだそうです。
※エスプレッソ特有の重要な泡で、コーヒーのオイル分や旨み成分が含まれています。


準備が終わったら、楽しみ方です!

飲む前に、香りを楽しみましょう♪
※ドリップでは、香りが強く香りを楽しめる豆自体が少ない!?様な気がします。
  焙煎や入れ方にもよるのでしょうが、元から香りの良い豆は、
  少ないし高いイメージがあります。
エスプレッソに多めの砂糖を入れ軽く混ぜて飲む!3~4口で素早くスッと飲み干します。
今度は、スプーンで下に溜まった砂糖をすくって食べる!


これが、イタリアンの飲み方

昨夜、突然エスプレッソが飲みたくなり得た知識...

前提知識を頭に入れたところで、早速飲んでみましょう


何度もお邪魔して親しくさせて頂いてますが、今日はオーナーさんに無理をお願いして
なんとエスプレッソを自分で淹れさせて頂きました
※普通はそんなお願いは難しいと思いますが、私は「うい庵」さんで家屋の修理や
  インテリアのおもちゃなど修理のお手伝いさせて頂いてるので特別かも知れません!


おぉ~、業務用のエスプレッソマシーン
家庭用に比べ重量感があり、しっかりした作りだと思います。


まず、バスケットにガテマラ豆を極細挽きした粉を詰めます。
ダンパーで押し付けます!その際、バスケットの周りに付いた余分な粉を落とします。
バスケットをマシーンにしっかり固定します。
スイッチを入れ、少しすると抽出が始まりカップに注がれます!


で、自分で淹れたエスプレッソがこれ 

image2


失敗...クレマが無い...


淹れてから写真を撮るまでに時間が経ってしまったというのもあるかも知れませんが、

①ダンピングが弱い=よく空気抜きが出来ていない。
②マシーンにしっかり固定出来てなかった。
というのが理由かと思われます


しかし、しかし、飲んだ感想は!


「ん~、いいじゃないか!」
「おお~、口にビターチョコの風味が広がる!」
「あっ、甘い!このチョコレートの様な甘さがたまらない!これ本当に失敗なのか?
   だとすると...失敗しなければもっと美味しいということなのか!?」

※ちょっと「孤独のグルメ」風に味わってみました


エスプレッソ、好きになりました 

次回は失敗しない様、しっかり淹れてみたいと思います。

この場を借りて、「うい庵」さん有難う御座いました


うい庵さんHP http://ui-an.com/
「うい庵日記」 http://d.hatena.ne.jp/hachi1023/

もしこの記事良ければ、ポチ、ポチっとお願いします♪
         ↓↓↓


  にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

ねばねば茶碗蒸し

先日の予告通り、修業先で教わった「茶碗蒸し」を
まだ作っていなかったので、今日作ってみました


「ねばねば茶碗蒸し」

具は、本来、めかぶ、オクラ、かまぼこ、長芋でしたが、家に、めかぶとかまぼこが
無かったので諦め、オクラと長芋だけです。


始めに、オクラをひと茹でしながら、だし汁も作り冷ましておきます。

次に具を細かく切る


image02

卵を溶いて裏ごしして、だし汁を加える!

茶碗に具を入れ、卵だし汁を入れる。

後は、大きな鍋に少し水をはり、茶碗を並べ蓋をして、超弱火で蒸す!

この超弱火がポイントだそうです。でないと、穴がぷつぷつと...

image03


以上ですが、別の部屋でパソコンをいじりながら、

10分後、20分後、25分後、33分後?と様子を見にいったのです。

なんという事だ!ぷつぷつが...しかも、少し所々に小さい亀裂が... 
 見えないかな?


image04

25分後からは、張り付いてみていれば良かった


お客様に出せるレベルじゃない...
まぁ、家族で食べる分だから!と言い聞かせ...味は、どうだろう?

今夜の試食を楽しみです!

★★追伸★★

夕食にて

色が...澱んでいる

やっぱり、作りたてを食べないとですね

でも、 かった

もしこの記事良ければ、ポチ、ポチっとお願いします♪
         ↓↓↓


  にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

ふきの煮物

私は、カフェを開くのが目標です
そこで、料理も出来ない、カフェに関して右も左も分からない私は、
少し前からカフェへ修行?修業に行き始めました。


今日は、コース料理のお客様の予約が入り、私も料理のお手伝いをさせて頂きました

邪魔にならない様気を付けながら、味付けも教えて頂きました

何種類もの料理を作ったのですが、その中でも私の一番好きな「ふきの煮物」。

忘れない様、自宅に帰り再度作ってみました


家の裏庭に沢山生えているし

修業先では、薄口醤油を使いましたが、自宅にはなかったので普通の醤油を使いました

鍋に醤油を入れすぎてしまった


image02

この後、少し水を足しました


左は修業先で、右は自宅で作った「ふきの煮物」


image03


普通の醤油で作った所為か色が濃いです


でも、どちらも美味しかった!

家族からも「美味しい!」という評価をもらいました!


今日は、「茶碗蒸し」の作り方も教わったのですが、良さそうな具がなかったので、
また次回に

この場をお借りして...
修業をさせて頂き、ありがとう御座います

また宜しくお願い致します 

もしこの記事良ければ、ポチ、ポチっとお願いします♪
         ↓↓↓


  にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

プロフィール

Key

記事検索
最新コメント
お買物はこちらから♪