KeyRoad

中年オヤジが、喫茶店開業を目指し田舎暮しを始めました...

届出

「焙煎豆販売に許認可は?」まとめ

皆さん、ご無沙汰しております!

オープンして4ヶ月が過ぎました!

当初は、ご祝儀注文を沢山頂き、それも一段落...

友人や知合いも沢山訪ねて来て頂きました♪

今は落着いて、暇!? (´_`。) 

ようやく看板作製に入れました!

P5310023 (600x338)

あはは、今までお店の看板も無かったのです。(;^_^A 

前回2月9日の記事にも書きましたが、今も「ここは何屋さんですか?」と尋ねられます
σ(^_^;)

さて、何故今頃になってブログを!?復活?
実は、問合せがありまして...

そうです、このブログで一番アクセスの多い「焙煎豆販売に許認可は?」についてです。

「で、結局コーヒー豆の販売に許認可は必要なの!?」と、分り難かった様で...

これに関連する記事が5~6ページ位散ばって書いているので分かり難いかも知れませんね!


はい、ではお答えします!

前提として、あくまで茨城県の場合です!

「珈琲の生豆を仕入れ、焙煎し販売する!」事について!

許認可は要りません!但し、保健所に届出が必要です!
勿論、検査にも来ます!


うちの場合...

ドリップパック・タイプのコーヒーゼリーも販売しているので、「食品営業許可(菓子製造業)」も取りました!


更に...

始めてみてお客様のご要望でテイクアウトも始めました!
なので「食品営業許可(喫茶店営業)」も取りました!

P4230770 (338x600)


え~っと、私がここまで来れたのも、先に同じ様な商売を始められていた諸先輩方々に色々教わったという事もあり...
私も「これから開業したい!」という方のお力になれればと思います。

先日も開業を目指しておられる方がお見えになられ...

話しついでに...

「ここの近くに『メイズ』という喫茶店があるのご存知ですか?」

全然知りませんでした!灯台下暗しですね (;^_^A
調べたら、ヘッドランド2個分の距離でした
今度、行ってみたいと思います。


もし、何か質問等ありましたら連絡下さいね!
私に分かる事でしたら

というか、Livedoor Blogのアカウント持っている人しかメッセージ送れないのかな?

という事で、大きな声では言いません。
小さな声で...

連絡は、こちらからでもOKですよ  ヾ(=^▽^=)ノ



まとめ

なので、ブログ復活ではありません!悪しからず...

もし宜しければ、ポチ、ポチっとお願いします♪
         ↓↓↓


  にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ







焙煎豆販売に許認可は? Part.2

因みに「焙煎豆販売に許認可は?(Part.1とは書いてませんが)」は、開業当初、自宅で焙煎珈琲豆をネット販売するにあたりの記事です。

このPart.2では、主に移転(引越し)&引越し先の自宅一部をお店にして焙煎珈琲豆を販売するお話しです♪

★まず...お浚い!

焙煎珈琲豆の販売に“許認可”必要ありません!
生豆を焙煎しパッケージ、若しくは挽いてパッケージングし販売するには“届出”が必要で、検査があります!茨城県の場合!
※検査と云っても施設、設備を見に来るだけですが... 

以前の私の様、ネット販売のみならこれだけでOK!
もし、お店にして販売するなら、若しかすると“防火対象物”の申請が必要になる可能性もありますね♪

★次に今までをちょっと整理しましょう!

初めての方は、下記を読んでから、このページを読まれるとスムーズにご理解頂ける...かも!

2015年4月に開業し、届出など色々と準備を始め実際にネット販売を始めたのが2015年6月22日!
実家の一部屋に小型焙煎機を置いて、勉強を兼ねて細々と始めました。
それから茨城で物件を探し、1年半かけてようやくここを見付けました。
実家の“営業廃止届出” と新居の“営業開始届出”の話です。

2016年08月29日“喫茶店断念しました!?”という記事で、保健所へ相談しに行った事を書きました。

2016年09月03日“防火対象物点検!?”という記事で、消防署へ相談しに行った事を書きました。
例の眠くなる様な難しい話です。眠くなると思いますので、これは改めて読む必要はないと思います♪

2016年09月08日“その後の進捗”という記事で、「営業開始(廃止)届出」用紙を頂いて来た話を書きました。
更に、消防署へ出向いた事を!

2016年12月12日“リフォーム&DIY(Page.16)”という記事で、“防火対象物点検”の届出が不要な様、リフォームしちゃえ!という話を書きました。


★では、早速!

2016年12月15日(水)

【保健所】

image1
 
「すみません。“営業開始届出”用紙と“営業廃止届出”用紙を書いて来たのですが...」

image2
 
「あっ、確か珈琲豆の販売とゆくゆく喫茶店を希望されていましたよね!?」
「そうです。宜しくお願いします。結局、こんな感じのレイアウトになりました。」

image4

「手洗いもあるし、二槽シンクに、換気扇ガード、飲食店営業許可も取れそうですね!」
「トイレは、プライベート用なので...テイクアウトのお店は出来ますか?」
「出来ますね!」
「そうですか!でも、今回は珈琲豆の販売だけの届出お願いします!」
「分かりました!では、届出用紙はこれで大丈夫ですので、検査の日程ですね。」
「明日以外でしたらいつでも大丈夫です!」
「では、来週〇〇日13~14時頃は如何でしょう?」
「はい、大丈夫です。宜しくお願い致します。」

こんな感じで保健所を後にし、帰宅すると...

あれっ!?
「届出(申請)別記載項目」の“④届出営業開始(廃止)届”欄、“開始(廃止)年月日”を書くの忘れてた!

image3
 
“営業開始届出”用紙も“営業廃止届出”用紙も、2枚とも!!
移転だから、必要ないのかな?
まぁ、いっかぁ~♪

【消防署】

2016年12月12日“リフォーム&DIY(Page.16)”記事で、“防火対象物点検”の届出が不要な様、リフォームした訳ですが...
今まで、安く済む様、面倒臭く無い様、散々相談に乗って頂いた消防署の担当の方に、届出が不要になったからと云って音信不通なのも失礼なので...
図面を持って最終確認を兼ね、ご挨拶に行きました。

「〇〇さん、いつもお忙しい様なので、念の為手紙を書いて来たのですが...レイアウトとお店の写真も!リフォームして50㎡以下になりました。」

image5
 
「これなら“防火対象物点検”の申請は必要ないですね!」
「今まで色々と相談に乗って頂き有難う御座いました。また何かの機会でお世話になるかも知れませんので、今後とも宜しくお願いします。お近くにお越しの際は是非寄って下さいね!」

と簡単な挨拶で終了!

後は、来週保健所の方が来られ施設と設備の検査で無事営業する事が出来ます!

が、まだホームページも作っていない、値段設定もまだ、ポップも作っていない、オペレーションも決まってない!お店の看板さえあれから手付かずなまま...

2016年の会計も手付けてないし...もうすぐ棚卸もしなきゃ...くぅ~、忙しいです。

でもって明日は、娘の保育園でクリスマス会だ~!
東京へ行きます♪ビデオ、三脚用意しなきゃ!


余談:

【杏里】

少し前に、ちょこちょこ実家から荷物を運んでいますと書きましたが、懐かしいCDが沢山出て来ました。
娘が生まれる前までは、主にAORが好きでよく聴いていましたが、最近、車や家で聴く音楽と言えば、娘に合わせ“プリキュア”“ドラえもん”“ジブリ”...
もっと昔は、日本の音楽も聴いていましたね。
その中でも今回目に付いたのは、“杏里”の「16th Summer Breeze」というアルバムです。

社会人を10年位経験した後、アメリカへ留学した祭持って行ったCDのひとつです。
アメリカはCA、レッドランズという所にアパートを借り約2年程過ごしました。
アパート目の前の道路を山側へ道なりに進んで行くと、山の上にある“ビック・ベア・レイク”という湖へ辿り着くのですが、そこからまた進むと“レイク・アローヘッド”、“シルバーウッド・レイク”と続きます。
その付近でみた夜空!そして見下す街の夜景!凄く綺麗でした!!

399719_286864274760911_1516706660_n
 
(因みにFBのカバー写真は、この夜景を使っています。)

特に1997年だったか1998年のペルセウス座流星群の時は、恐ろしい程?雨が降っているかの様★流星を見れました!
1分間に特大流星を10個以上は優に見ました!小さなものを含めたら数十個でしょう!
1時間ではなく、1分間にですよ! 本当に綺麗でした!!!

このドライブコース、何度“杏里”の「16th Summer Breeze」を聴きながら走った事でしょう!
一人異国の地へ来て、言葉も分らず、苦手なトレーニングをこなし、時に心が折れそうになった時は、道の途中で車を止めてシートをリクライニングし夜空を眺めながら「ALL OF YOU」を聴きながら涙してました♪
(シボレーカマロ RS Tバー ワインレッド色 たぶん1989年型)

先日、ふたご座流星群の日がありました。
「ALL OF YOU」を聴きながら、リビングで見れたいいなぁ~!と思ったのですが、生憎13日夜は雨。
翌日の夜は快晴でしたが、月明かりが邪魔して見れませんでした...

また、少し前にFBのグループで、“サザン”“山下達郎”“竹内まりや”“中島みゆき”など話で盛り上がりました♪

という事で、これからしばらく娘が同乗していない車の中では、懐かしい音楽を聴きたいと思います!
それこそ明日の日帰り東京行きは何枚か持って行こう!

追伸(2016年12月15日23:15)

只今、読者の方から、ご指摘?問合せがありました!
「ペルセウス流星群ではなく、1998年11月のしし座流星群では?」と!
若しかするるとそうかも知れません!いやきっとそうです!

修正という事で(^_^)a

また、ご指摘有難う御座いましたm(_ _)m

もし宜しければ、ポチ、ポチっとお願いします♪
         ↓↓↓


  にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

防火対象物点検!?

今日も良い天気夕方から悪くなる予報ですが...
この写真は昨日のものですが...

image

今回の記事も大変眠くなるかも知れません。
難しい話しが面倒な方は、スルーして下さいね。
私もこの記事を書きながら、何度カクンとなった事でしょう...

さて、前回の記事で、保健所へ相談に行った話をしました。

あの日、保健所の後もう一箇所行った所があります。

消防署です。

行き付けの喫茶店「銀河珈琲」さんで店主さんとお話をしていた中で...

「このカーテンなんかも、消防署の指導で...」
「えっ、消防署って...何か届出とかあるんですか?」
「うちは、消防署へ相談に行って...」

そうなんだ
よく分からないけど、取敢えず私も行って聞いてみようと少し前から思っていました。

2016年 8月23日(火)

保健所の後、消防署へ行ってみました。

「すみません。喫茶店というか、今は珈琲豆焙煎所をやりたくて相談に来ました。」
署員「そうですか!防火対象物点検ですね。こちらへどうぞ!」

まず...

★防火対象物点検とは何なのさ

平成15年からスタートした「防火対象物点検制度」により行われる点検です。
防火に関する専門知識を持った防火対象物点検資格者が、責任者との面談やさまざまなチェックを通して、防火基準に達しているかを確認します。

根拠法令 = 消防法第8条の2の2(平成15年10月1日施行)
点検報告責任者 = 管理権原者(各事業者)
点検者 = 防火対象物点検資格者
点検期間 = 1年に一度
消防署への報告者 = 管理権原者(各事業者)
報告期間 = 1年に一度

★大体、“防火対象物”って何?

防火対象物とは、不特定多数の人に利用される建造物等のことである。

ウィキペディア:防火対象物より

★全員受けなきゃならないの

まず、お店がどんな防火対象物かを調べる必要があります。

【防火対象物の用途区分表】によると...

“焙煎珈琲豆販売店”の場合、“4項”扱いになるそうです。
“喫茶店”の場合、飲食店という事で“3項のロ”扱いだそうです。
また、“住宅兼店舗”という事で、“16項イ”も関わってきます。

参考:総務省消防庁

署員「ゆくゆく喫茶店にするなら、初めから“3項ロ”で考えた方が良いですね!」
※“4項”で考えても、規模の面から殆ど変りませんでした。

各項毎、規模によって、どんな設備や器具などが必要か変ってきます。
例えば、“4項”では、延面積=150㎡以上で消火器を設置しなさい!とか...

参考:東京防災設備保守協会
※項目番号をクリックすると内容が見れます。

そう、規模は?
うちの建物は、建物延床面積=153.81㎡です。

・消火器具=延面積150㎡以上の場合「えっ、じゃ消火器が必要?」
・屋内消火栓設備=延面積700㎡以上なので不要!
・自動火災報知機=延面積300㎡以上なので不要!
・誘導灯=“全部”なので必要!?
などなど、沢山あります。

また、“住宅兼店舗”という事で、店舗部分と住宅部分の割合で変ってきます!

ア、店舗の用途の部分の床面積の合計が一般住宅の用途の部分の床面積の合計より小さくかつ店舗の部分の床面積が50㎡以下の場合は、一般住宅に該当するものとして取り扱う
イ、店舗の床面積が住宅部分の床面積よりも大きい場合は、全体を店舗(防火対象物)とみなして、この場合住宅は店舗の部分とみなされる
ウ、住宅の部分の床面積が店舗の部分より大きく、かつ店舗の床面積の合計が50㎡を超える場合は複合用途防火対象物(16項のイ)に該当する
エ、住宅の部分の床面積と店舗の床面積がほぼ同じ場合は、複合用途防火対象物に該当する

一般住宅となると、消火器・自動火災報知設備・誘導灯等の設置義務はありません

これは何としてでも、店舗が50㎡以下でないと

消火器や誘導灯を付けるのは、勿論いいです
でも、それらを付けると、まず「防火対象物使用開始届出書」を消防署に提出します。
すると、年に1度、専門業者へ依頼し点検を行ってもらいます。勿論、有料
そして、同じく年に1度、消防署へ報告しなくてはなりません
自分でも出来るそうですが...これも大抵は、業者へ頼んでやってもらう事に...
貧乏人としては...何とも避けたい内容です

「こんな感じなんですけど、50㎡ギリギリあるかないかですよね~
署員「ん~、何とも言えませんが...物置なんかは除いて頂いて大丈夫ですし...
外のシャッターから内ドアまでも、衝立などして一般の方が入らない様にすれば除いて大丈夫ですよ
「そうですか!帰って計算してみます。」

署員さんも協力的でした

計算してみました。

そのまま計算すると(No.1)
 
image1
52.28㎡ ダメじゃん

衝立をすると(No.2)

image2
48.58㎡ おぉ~、何とか


喫茶店改装すると(No.3)

image3

45.37㎡ 衝立外しても余裕

また、この図面を持って消防署へ最終確認に行きたいと思います

他にもここに書けない様な?情報も仕入れて来ました
やっぱり色んな所へ行って、実際担当の方にお話を伺うのは大事ですね~

なるべく簡単に書いたつもりなのですが...
やっぱり難しい... 

次回は、リフォームの進捗でも書きましょうかね
今の処、全然進捗無いのですが...

もし宜しければ、ポチ、ポチっとお願いします♪
         ↓↓↓


  にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ





焙煎豆販売に許認可は?


こんばんは!

今日は、14:28にちょっと大きな地震がありましたね~!
私は、水戸にある茨城県庁へ向かう車の中でした。
震源地は埼玉北部、マグニチュード5.6
その時私がいた水戸は、震度4でした。


えっ、何で茨城県庁へ行ったかって!?


image6


先日、税務署へ「開業届」を出してきましたが、
焙煎珈琲豆の販売を行うにあたって、衛生面的にはどうなんだろう?
と思って、色々とネットで調べていたのです。


そうしましたら、「招き猫家」さんのサイトに行きついた訳です。
それが師匠との出会いです


「招き猫家」さんでも詳しく書いて頂いてまして、特に許可は必要ないとの事!

安心して販売出来る!と思ったのですが、よくよく考えてみると許認可系や規則というのは
若しかすると他業種みたいに、ローカル・ルールがあるのでは?と疑いが生まれたのです。


以前、介護の仕事をしていたのですが、許認可にしても、運営ルールや解釈など
自治体によって違い、都や府、区毎にルールが違い苦労したのを思い出したのです。
私の記憶だと、小泉政権時代に始まった自治体権限移譲、即ち縦割り行政が色濃くなりましたね。


そこで、「招き猫家」師匠から得た知識を頭に入れ、役所や保健所に聞いてみようと!

色々調べたのですが、役所や保健所も県庁管轄、
「保健福祉部生活衛生課 食の安全対策室-食の安全対策室食品衛生」があり、
上から攻めてみようという事にしたのです。


県庁に着きました。
ところが、さっきの地震でエレベーターが止まっている...
生活衛生課は、14階!!
仕方ないので、階段で上りましたよ! いや気分は「登りました」!


image7

※ぶれてしまった...

色々と相談に乗って頂きました。

※会話は、全部正確に覚えている訳ではないので、こんな感じという事で!

 「珈琲豆の販売をしたいのですが、許認可等必要ですか?」
担A「特に必要ないです。あっ、豆を仕入れて、販売するのですよね?」
 「生豆を仕入れて、それを焙煎し、挽いて、袋に詰め販売するのです。」
担A「それですと、届出をお願いしています。」
 「届出が必要なんですか?」
担A「はい。
   茨城では、“ほしいも”が有名ですが、作られている農家さんにもお願いしてます。
   管轄の保健所へ出して下さいね。」
   ※それ聞いて、何か妙に納得してしまいました。
 「販売にあたって何か他に考慮したり、注意する事はありますか?」
担B「食品表示に関してですかね~!」
 「あっJAS法ですね!一応、こんな感じで作ってみたのですが...」
  ※師匠のHPで勉強したもんだから偉そうに♪

image1
  ※勿論、屋号は“茨城珈琲”なんて名前じゃありませんよ~!

担B「あ~、商品はどこか別の所で作って、茨城太郎さんが販売するのですか?」
 「いえ、私が生豆を仕入れて、焙煎、挽いて、販売するんです。」
担B「では、ここは“販売者”でなく、“製造者”になりますね!」
   (あれっ、師匠の教えを守ってなかった!)
   「あと、“茨城珈琲”さんは個人ですか?法人ですか?」
  「個人です。個人経営です。」
担B「では、名称は個人名、茨城太郎さんとお名前にして下さい。」
  「えっ、“茨城太郎”って、製造者の所に書くんですか?」
担B「はい。製造者が法人格でしたら、屋号だけでも良いのですが...」
  「じゃ、“茨城珈琲(茨城太郎)”か“茨城太郎(茨城珈琲)”でも大丈夫ですか?」
担B「個人名が書かれていれば大丈夫です!
   作り直してみて、分からないところとかあればFAXやメールして頂ければ!
   これ(「食品ガイド」平成26年度版 茨城県)差し上げます。」
  「他には無いですかね~!?」
担B「若しかすると、“景品表示法”なんかも見ておいた方が良いかも?
   12階に担当部署の生活環境部生活文化課がありますよ!」


という事で、担当者さんに言われた通りに作るとこうなる。


image2
※勿論、私は“茨城太郎”なんて名前じゃありませんよ~!

「製造者」だけ?販売もしてるんだよなぁ~
明後日にでもメールしてみよう!
これで良いか?


image3

さて、今度は“生活環境部生活文化課”です。

早速、「事例でわかる景品表示法 不当景品類 及び 
不当表示防止法ガイドブック 消費者庁」頂きました。


 「“生活衛生課”で紹介され来ました。景品表示法って?」
担C「まず、分かり易くいうと、14階の“食の安全対策室”では“食”のみですが、
   こちらは、食品だけでなく“あらゆる物”が対象です。
   次に、どちらかというと14階は、“事業者さん側から”見た法律で、こちらは
   “消費者さん側から”見た法律というと分かり易いかも!」
 「例えば、どんな事を注意すれば良いのでしょう?」
担C「“茨城太郎”さんが事業で関係ありそうな問題として、
   例えば“内容量”が300gと書いてあるのに
   実はパッケージや袋も込みで300gだったとかは注意が必要ですね!」
 「なるほど~!取敢えずは、帰ってガイド読みますので、
   また分からない事があったら宜しくお願いします。」


そう、私は今から保健所に行って届出を出さなくては!

車に乗ると、15:55。保健所は17:15まで。1時間20分で行けるか?

間に合いました

余談:

あと、ガイドみたら、JAS法変わったんですね!


2015年4月1日に食品表示法が施行されたの事
この新法は、消費者庁がより安全で分かり易い表示を目指して、
法律(JAS法、食品衛生法、健康増進法)の義務表示の部分を一つにしたもので、
制度の見直しを行ったとの事。
さらに、新法のもとで機能性表示食品制度も導入されてます。


因みにこの“機能性表示食品制度”、担当B氏曰く
「珈琲豆は対象じゃないみたいですね~!栄養ないからかな?」と言ってました!


もうひとつ!
焙煎珈琲豆販売には、関係ないのですが、喫茶店を始める時!
食事(お米)を提供する際、「米トレーサビリティ法」というのがあって、
産地情報の伝達を行なわなければならなくなったとか...
私 「前からそんな法律あったのですか?」
担B「ん~、3~4年位前だったかなぁ~?」
まぁ、このお話は喫茶店開業する時にでも~!

今日はガイドを2冊貰ってきました!後でしっかり読まなくては!


くぅ~、忙しいです


明日は、珈琲豆のサンプル持って東京まで行きます!
が、これから作ります


他にも書きたいブログ記事沢山あるのに...


今日、師匠から珈琲豆届いたのに、まだ開けてもいません!
師匠ごめんなさい! 鮮度が命ですよね~!


週末は保健所来るし


この続きは、またそのうち~


★★ 追伸 ★★

食品表示のところで、「生豆生産国名」に“キリマンジェロ”って書いてありますね!
これって山の名前でしたね...
失礼しました。正解は、“タンザニア”でした~

★★ 追伸2 ★★(2016年 9月 8日)

この記事が、1番アクセス多いです。
アクセス解析を見ると、殆どの方が、検索サイトから「珈琲豆販売 許可」のキーワードで、この記事に飛んで来られる様です
それだけ、焙煎珈琲豆の販売に興味ある方が多いという事でしょうかね~

なので、このブログの中で、届出(保健所)に関するページをご紹介しておきますね
私は、同じ市ですが移転する事になったので、廃止届と開始届を出す事になりました


◆茨城県では、焙煎豆販売するだけでも届出が必要

http://keyroad.blog.jp/archives/65402413.html

◆茨城県の届出用紙は、こんな感じ
http://keyroad.blog.jp/archives/65684030.html

★★ 追伸3 ★★(2016年12月17日)

◆新記事「焙煎豆販売に許認可は? Part.2」

http://keyroad.blog.jp/archives/68012843.html

今まではネット販売だけでしたが、「Part.2」では自宅にお店を構える事に!


 


もしこの記事良ければ、ポチ、ポチっとお願いします♪
         ↓↓↓


  にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

プロフィール

Key

記事検索
最新コメント
お買物はこちらから♪